【処女と非処女徹底比較】性感染症(STD)の心配|処女の彼女が欲しい!

【処女と非処女徹底比較】性感染症(STD)の心配

 

処女と非処女徹底比較!性病・性感染症(STD)の心配!恋愛・結婚において心配事やリスクは回避したいと思う男性は多いはず。特に非処女との恋愛・結婚には元彼との間で性病・性感染症(STD)になった可能性があり、その事実を知った時には大きなトラブルに発展します。

 

そんな処女と非処女を恋愛・結婚を見据えた視線で徹底比較しています!

性感染症(STD)について

 

性感染症(STD)とは、以前は性病とも言われ、性行為により皮膚・粘膜を通して感染する病気の総称です。性感染症(STD)は、自覚症状が無い場合も多く、治療が遅れたり放置しておくと不妊の原因になります。

 

性感染症(STD)の種類

クラミジア感染症

淋菌感染症

性器ヘルペス

尖圭コンジローマ

トリコモナス感染症

梅毒

肝炎

HIV感染/エイズ

 

近年、自覚症状が無いクラミジア感染症やHIV感染などが猛威を振るっている現実もあります!

処女は性病の心配がない安心な存在!

 

当たり前ですが、処女は男性経験がない存在ですから、先天性でない限り性病の心配のない安心な存在と言えるでしょう!

非処女は性病の心配がある!

非処女は性病の心配がある!

 

非処女は性病キャリアの心配がある!

処女に対し非処女は過去の男性と行ったセックスで性感染症(STD)になった事のある可能性がある存在です。自覚症状もない場合も多く、知らず知らずの間に中々妊娠する事の出来ない不妊状態になっている人も少なくありません。

 

告白以外で分からない事が厄介!

性感染症(STD)事実が発覚する場合は、何かトラブルが起きた時です。あなたへの感染や結婚後の不妊治療で発覚する場合もあるでしょう。

 

他の男により病気になった女性を愛せますか?

あなたに性感染症(STD)を移してしまったり、過去の性感染症(STD)により不妊状態になってしまった女性を愛せますか?結婚後の不妊治療は子供が欲しい夫婦にとって、治療費や重度のストレスが掛かる重大な問題です。

 

人生設計を台なしにしかねない!

もしその原因が過去の男性だったとしたらどう思うでしょうか?あなたは、その知らない男性により人生設計を台無しにされたと同義なのです。もし婚約時に発覚したら、婚約破棄でも仕方のない重大事項です。